HOME | CONTACT


ジェネリック医薬品とは?
お薬は先発医薬品とジェネリック医薬品(後発医薬品)に分けられます。お薬は開発に時間とお金をかけて発売されます。発売されたお薬は先発医薬品と呼ばれ、一定の期間特許により保護されます。発売から一定の期間(約10年)を過ぎた先発医薬品は特許保護期間が切れると、他の会社も製造や販売をできるようになります。製造コストに開発費を含まないので先発医薬品よりも安価に発売できることになります。これをジェネリック医薬品と呼び、有効成分が同量入り、体内動態(薬の効果)が同じであると厚生労働省が認めています。但し、添加物の違いや大きさや味・におい等が違うことはあります 。

ジェネリック医薬品を使いたい!!
患者様が希望すればジェネリック医薬品に変更することが可能です。但し、処方した医師がジェネリック医薬品の使用を認めていない場合や、発売されて間もない医薬品や薬局で在庫していないジェネリック医薬品は変更できません。また、医薬品の価格は下がっても全体として患者様のご負担が変わらなかったり、逆にご負担が増すケースもあります 。